中古車を少しでも高く買い取ってもらうにはどうしたら良い?

新車のときは数百万円もしたクルマでも
買ったその日から車輌の価格は30万円以上もダウンします。

また1000キロの走行ごとに1万円下落し、
年式が1年加算されるごとに10万円も値下がりします。

なので新車価格200万円で購入したクルマは
翌年には160万円の中古車価格になり、
5年後には120万円程度になります。

それも状態が上々の場合で、
キズなどがある場合、さらに数万円、
ひどい場合には2、30万円も査定額が引き下げられます。

尚、中古車市場ではクルマのカラーも実は重要なんです。
この中古車市場では人気の色が決まっているんです。

  1. 黒(ブラック)
  2. 白(ホワイト)
  3. 灰色(グレー)
    の順に人気があります。

逆に赤や青、黄色など、あまり若い人ぐらいしか購入されないようなカラーのクルマは
査定時に10万円ほど下げられます。

なので、新車、中古車に寄らず、
クルマのカラーは黒、白、グレーから選んだ方が無難です。

一番、重要なのは査定時に洗車をしておくことです。
クルマの外装だけでなく、内装もきちんと清掃しておきましょう。

細かなキズはクルマに乗っている以上仕方がない部分ですが、
市販のコンパウンドで磨けば、ちょっとした傷程度なら、
ほとんど見えないくらいにはなります。

やはり、査定員も人なので、クルマが綺麗に使われているかどうか
見た目で判断します。

あとはエンジンルームです。
エンジンルーム用の洗浄剤を使い、泥やホコリを落としておきましょう。

最後のポイントはオイルです。
オイル交換から1年以上経っている場合、
査定前に安いオイルでも構わないので交換しておきましょう。

エンジンの状態を見た目で判断する場合、
このエンジンオイルの色や状態が目視されるからです。

クルマの準備が整ったら、
車検証や整備記録を用意しましょう。

 

実際、どの中古車専門の買取り業者に依頼するかどうか悩むひとも多いと思いますが、
まずはガリバーに査定してもらうのが良いでしょう。

ですが、ガリバーは最初の査定額で決めてはいけません。
多くの場合、最終的には10万円以上は最低でも高くなるからです。

このガリバーの査定額がありとあらゆる業者との基準になります。
下取りもガリバーに見積りをしている場合、参考にされるくらいなので
いきなり下取り価格を販売店で決められるよりも高額になりやすいメリットがあります。

失敗しない!廃車初心者のため買取り業者の選び方