鍛造ホイールと鋳造ホイールの違い

鍛造とは金属をたたいて圧縮しながら成形する製法です。 例えていえば、日本刀をつくりだすのと似ている製法です。 何度も高い圧力を加え、金属の分子を整列させることによって、粘り強く、硬い材質にします。

そのことにより軽量で、強いホイールとなるのです。 ただ、鍛造のデメリットとしては、工程時間や作業がかかるため、値段も高額となります。 1本だけで10万円20万円もするほどです。4本を鍛造にしたら・・・そのため、おもにF1などの競技用に用いられます。

一方、一般的な鋳造とは、金属を溶かして型を形成する方法です。 強度は鍛造と較べて落ちますが、現在の複雑なデザインを、比較的安価につくることができます。 大量生産に向いているので、純正のホイールよく使われています。