スパークプラグと熱価

「熱価」とは、スパークプラグの耐熱性をあらわす数値のことです。 この熱価を1番上げて「冷え型」にすることで高負荷に対応できるようになります。

チューニングしているクルマの場合は耐熱性の高いプラグが必要となります。 出力が高くなればそれだけ燃焼温度も高くなるので、より高い熱に耐えられるプラグでなければ、場合によってはエンジンが壊れることがあります。

但し通常の ノーマルのエンジンであれば、メーカーで指定している番数のプラグで問題はありません。