エンジンオイルと車の性能

クルマは、メーカー指定のオイルを使用した場合にカタログ通りの性能を発揮します。 一般に、オイルは粘度が高いものの方が、エンジン内部の金属同士の磨耗を防ぐことができますが、 オイルの粘度が高いということは抵抗が大きくなるため、特に燃費に影響します。

なお、純正と同じ粘度表示(10W-30)や品質グレード(SHやSJ)でも、オイルメーカーによって特性が違いため、クルマの走行にもかなりの変化がみられます。

ちなみに管理人がお薦めするのは「NUTEC製」のエンジンオイルです。 通常の安いエンジンオイルと比べて値段も2倍〜3倍ほどしますが、その性能には驚きました。 いままで乗っていたクルマと同じクルマには思えないほど、エンジンの回転の上がり方がスムーズになり、 オイル交換しただけで、全く違うクルマに思えたほどです。「NUTEC」お薦めです。