ハイオクガソリンと規格

日本のガソリンオクタン価は日本工業規格(JIS)が規定を決めていて、2種類の基準があります。 (1)リサーチオクタン価(RON) (2)モーターオクタン価(MON)です。

日本のガソリンスタンドではリサーチオクタン価(RON)です。 日本の規定ではレギュラーガソリンは89オクタン以上、ハイオクガソリンは96以上とされています。 石油メーカーによってオクタン価の違いはありますが、 オクタン価が96以上であればハイオクの規格に適合しているということになります。

また日本の大手石油会社のほとんどがオクタン価100のハイオクです。 尚、オクタン価が96でも、98でもクルマへの影響に神経質になる必要はありません。