ハイオクガソリン

ハイオク仕様のエンジンにレギュラーガソリンを入れると、本来の性能が出ないというデメリットだけではなく、エンジン自体を壊してしまうという問題があります。

ハイオクガソリンはレギュラーガソリンに比べて自然発火しにくいようになっており、高性能のエンジンに対して効率良く燃焼できるようになっています。 これは分子の結合力が高いからです。 高性能のエンジンでは内部の圧縮比率を高めて、ガソリンと空気の混合気を爆発させています。

ハイオク仕様にレギュラーガソリンを入れると、混合気がエンジン内部で圧縮されている過程で勝手にアチコチで不連続に爆発をおこしてしまいます。 混合気の圧縮が最大になる点火時に、点火プラグからの燃え広がるまえにガソリンが自然発火を起こしてしまうこの現象をノッキングといいます。 このノッキングといわれる現象は、つまりエンジン内部での異常燃焼である自然発火が原因なのです。