ガソリンの量とパワーの関係

ガソリンは、タンクから燃料ポンプによってインジェクターに送られます。 噴射するために常に圧力をかけているわけですが、燃焼に必要以上のガソリンが送られ場合、 余ったガソリンは、燃焼されずに再び燃料タンクに戻される仕組みになっています。

但し、燃焼されずにもどってきたガソリンはエンジンルームを通っている間に熱くなってしまいます。 燃料タンクが少なくなった状態でいると、戻ってきたガソリンが熱いまま、インジェクターに送られていきます。 そうすると、混合気が膨張した状態でシリンダーに流れ込むことになるので、シリンダーを冷やす効果が減少することになります。そのため燃焼効率が悪化します。

ガソリンを満タンにすると、冷えた状態のガソリンが多いので、熱くなったガソリンが戻ってきたとしても混ざり合って熱が下がるというわけです。 そのため燃焼効率が、ガソリンが少ないときに比べて良くなるため、エンジンがスムーズになりパワーアップするというわけです。