フラッシングオイルのデメリット

「フラッシングオイル」はエンジン内部を強制的に洗浄するため、慴動面やオイルシール類を傷める傾向にあります。 エンジンオイルには洗浄効果がありますので内部の汚れを落とすには、エンジンオイルの交換を通常のサイクルよりも早めに行うことの方が効果的です。

走行条件によって違いますが、日本の道路事情から、エンジン内部の汚れが悪化してしまいます。 エンジンオイルが汚れやすくなってきたのであれば、フラッシングオイルを使うよりもエンジンオイルの交換サイクルを早めた方が、エンジンを傷めることなく、きれいにしてくれます。