エンジンの圧縮比とは

圧縮比とは、気筒の容積と、ピストンが上まで上がったときに出来る燃焼室の容積の合計と、その燃焼室との比です。 エンジンは空気と燃料を混ぜ合わせた混合気を圧縮し、爆発させています。

圧縮比が高ければ、それだけ爆発したときの膨張比が大きく、熱効率が良くなり燃費や出力が向上します。 ただし高圧縮にするとノッキング(異常燃焼)が起こりやすくなるため、レギュラーガソンリンに比べてノッキングしづらいハイオクのガソリンが効果的ですが、 ガソリン価格の問題から一般大衆車にはなじみにくいという問題があります。

しかし最近では、レギュラーガソリン仕様でも、省燃費のため高圧縮化が進んでおり、 ノッキングの問題は、燃焼を電子制御することで解決していく方向にあります。