ディーゼルエンジン解説

ガソリンエンジンは、スパークプラグから出る火花でガソリンと空気の混合気に着火します。 そうして混合気を燃焼させるです。 ディーゼルエンジンは、スパークプラグの火花ではなく自然発火を利用して、混合気を燃焼させます。 ディーゼルエンジンは燃焼室の空気を圧縮することで、混合気を300度の高温にして自然に発火するので、火花を起こすスパークプラグはいりません。 ガソリンと軽油では、発火点の温度が異なるので、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでは、混合気の発火方法に違いがあるのです。 ちなみにガソリンでも500度になると自然発火します。