クロスレシオ

クロスレシオとはギアボックスのギア比が接近しているものをいいます。 レシオとはギア比のことで、ギア比とは、エンジン出力を1とした場合のもので、数字が多いほど、トルクが出やすくなっています。

ふつうのクルマは燃費を重視しているので、各ギアの差を大きくして、エンジン回転を低く保つようになっています。

但し、各ギアの差が大きいと、エンジンのパワーがゆっくりと路面に伝わることになるので、加速力は鈍ります。 クロスレシオによってシフトアップ時のエンジン回転の落ちが少なくなれば、パワーを効率良く使うことができます。 これがクロスレシオのメリットで、スポーツタイプのクルマで主に採用されています。

つまり、燃費重視のクルマはギア比を離しており、スポーツタイプのクルマではギア比を接近させてレスポンスを重視するためクロスレシオ化させているのです。