廃車時期を間違うと損するかも・・・

車を廃車したいと思った時、いつでも手続きをしてOKだという訳ではありません。
損をしないために押さえておきたいポイントが2つあります。

1つ目は車検の時期、
2つ目は、自動車税が発生する基準となる4月1日です。これらの時期をキチンと考えた上で手続きを行わないと、余分な出費をしなくてはならないことになります。

まず車検について説明します。

車検とは「自動車検査登録制度」のことであり、国土交通省が、自動車および250cc以上のオートバイに対して、安全基準を逸脱していないかどうかをチェックする制度のことを言います。

車検時には自賠責保険の更新と、自動車重量税の納付が必須条件となり、書類としても上記2点(自動車損害賠償責任保険証・自動車税納付証明書)が必要となります。

つまり、車検の時期を迎えると必然的に、保険料と納税分を支払わなくてはならないのです。

 

2つ目の自動車税は、4月1日現在、自動車を所有している人に対して掛かる税金です。

1.5リッター以上、2リッター以下の車の場合、39,500円
2.0リッター以上、2.5リッター以下の車の場合、45,000円
上記の金額を税金として納付しなくてはなりません。

納税通知書は5月初め頃に各都道府県から郵送されてくるので、そこに明記されている金額を5月末までに支払う必要があります。

つまり、4月1日時点で自動車を保持していれば、税金が発生してしまうということであり、たとえ4月2日に車を売却したり、廃車にしたとしても納税義務が生じてしまうのです。
売却の場合は、所有者登録の変更、廃車の場合だと一時抹消登録や永久抹消登録の手続きをして、初めて税金が発生しなくなります。

そのため、特に3月に自動車を売却・廃車する場合には十分な注意が必要です。
3月中に売却・廃車をしたとしても、しっかりと一時抹消登録なり、所有者登録変更の手続きがされていなければ、法律上は車の所有者(つまり車を手放したと思っている側)に税金が請求されてしまいます。

抹消登録には「一時抹消登録」「永久抹消登録」「輸出抹消登録」の3種類があります。

「一時抹消登録」とは、
長期出張や転勤等、長期間、車を使わない場合に、
一時的に登録を抹消することによって、その車に対して税金を掛からなくするための手続きです。
再び車を使うような時が来たら、再度登録をすれば利用することが可能です。

「永久抹消登録」とは、
もう二度と、その車を利用しないという時に行います。
そしてその車は、再度登録をすることは不可能です。
現在では自動車リサイクル法が完備されているため、
すべてのマニフェストが発行されていなければ、永久抹消登録を行うことが出来ません。
そして、車検の有効期間が残っていた場合には、残存期間分を還付金として戻してもらえます。

「輸出抹消登録」とは、業者が中古車を海外に輸出する際に行う手続きであり、個人で行うことは、あまりないと思います。一度この登録を行った車は、再度日本で登録をすることは不可能です。

個人同士での売買はもちろん、業者に廃車や売却を依頼した場合でも、
必ず、一時抹消登録証明書や永久抹消登録証明書を送付してもらい、
きちんと確認をしておくことがトラブルを防ぐコツです。

「業者に任せてあるから大丈夫」と自分では思っていたとしても、手続きが確実に終わっていなければ、いつまでも納税通知がアナタのところに届くことになります。

車の廃車は、基本的には車検前、もしくは4月1日以前と覚えておきましょう。
しかし、この双方の期日にズレがあり上手くいかない場合には、
どちらの方が負担が少なく済むかを比較してから、手続きをするようにして下さい。

 

当サイトお薦めの事故車買取り業者一覧はこちら

廃車自動車

失敗しない!廃車初心者のため買取り業者の選び方